鎌倉・湘南で注文住宅、リフォーム、耐震工事をお考えなら【斉藤建設】へお任せ下さい。












TOP > 斉藤建設鎌倉日誌



2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年2月
2017年1月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年4月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
2014年5月
2014年4月
2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
→2011年11月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
2011年2月
2011年1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年9月
2010年8月
2010年7月
2010年6月
2010年5月
2010年4月
2010年3月
2010年2月
2009年12月
2009年11月
2009年9月
2009年7月
2009年5月
2009年4月
2009年3月
2009年2月
2009年1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年9月
2008年8月
2008年7月
2008年4月



2011年11月18日  開館60周年 シャルロット・ペリアンと日本

今年で開館60周年を迎えた
神奈川県立近代美術館・鎌倉館。

今回の企画展のペリアン女史と
当美術館設計者の坂倉準三とは
20世紀を代表する建築家ル・コルビュジエのアトリエで一緒に働いていたこともあります。
その縁もあって来日、
そのデザインに日本の民芸品などの
エッセンスを感じさせるものがあります。

1940年当時の日本の商工省が
ペリアン女史を日本に招へいする際、棟方志功直筆による8m余り(!)の巻物を一緒に送っているのですが、
これが何ともすばらしい。
「どや!?この日本の躍動の風を一緒に感じてみい!!この絵をピカソに見せてみろーー!!」
(注:筆者イメージ、ただしピカソに見せろと言っているのは本当)




こういった日本文化を外国人に魅力的にアピールする作戦を思いついた当時のお役人、随分粋な人がいたのだな〜と思いました。

この気概に胸を激しく揺さぶられたがどうかは分かりませんが、
時は第二次世界大戦、
ドイツがパリを陥落させた次の日に出航した最後の引揚船、「白山丸」でペリアン女史が来日。
(余談:この船には岡本太郎なども乗っていました)
当時がどういう状況かは想像するしかないのですが、
祖国滅亡の憂き目を負いながらも、
レジスタンス精神と若い好奇心とを心の武器に 極東の辺境の地に乗り込む女性、その気風のよさにほれぼれしますね。

「開館60周年 シャルロット・ペリアンと日本」
開催中〜2012年1月9 日まで




コルビジェ影響下の「ピロティ」



名作椅子に実際に腰掛けることが出来ます

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

リフォーム・新築住宅・耐震補強・エクステリア・文化財調査
解体・宅地造成工事・河川工事・土木工事

お住まいのことなら何でもご相談ください。

鎌倉市総合建築業 叶ト藤建設 
神奈川県鎌倉市扇ガ谷4-5-8 / TEL:0467-25-0567


▲ このページのトップへ


株式会社 斉藤建設
〒248-0011 神奈川県鎌倉市扇ガ谷4丁目5番8号  TEL 0467(25)0567(代)  FAX 0467(23)3972  フリーダイヤル 0120(25)0567